読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真剣に別れを考えました、

 

 

今日はとにかく寂しかった!

 

夕方我慢出来ず、寂しすぎる、とラインを送るも、こんな日に限って返信が来ない。

 

時間が経つにつれ、悲しさは増していく、、

 

こんなに会えない、連絡もない、

こんな感じが続くのなら、もう耐えられない、

 

別れようか、、、彼と別れようか、、、

45歳で別れるのか、、、

よく次はすぐ見つかるよ、と言うけれど、

なかなか見つからなかった過去を持つ私は、どうしても躊躇してしまう。

 

 別れようか、、、別れようか、、、

と、言うか、彼は別れたがってるのかしら?

 

不意に、不安が襲ってきました。

 

今、この時間にも、別の女性とベッドに入ってるシーンを想像してしまって、愕然となりました。

 

ありうるかも、、、

だから会えないのかも、だから彼からの連絡も無いのかも、、、

 

そうじゃないというのなら、

今すぐ返信をして欲しい。

 

お願い。

 

 

こんな時は、願い事は叶わない。

既読のつかないメールを見つめて、色々考えました。

 

本当に別れたがってたら、私と会ったりしないよね?

面倒臭いラインだって、私が送れば返信はあるし。

 

でも、今無いし。

 

今、もしかして会ってたりして、

 

いや、いや、いや、

そんなんだったら、近況を私に話す?

今度もう一部屋契約する話とか、私にする?

 

そうじゃなく、女じゃなく、

私に飽きたとか?

 

 

あーーーー!!もう!!

 

そうじゃない、って少しでも分かれば

黙って信じて待ってるのに、

 

私に飽きたかどうかなんて、どーやったら分かるの?

会ってないのがその証拠なの?

 

やだーー、どーしよう、

 

と、オロオロした所で、

 

 

彼からラインが入りました。

 

忙しいだけ、ごめん、と、ありました。

 

めったに謝らない彼が、ごめん、と書いてきました。

 

その一文を見た瞬間、

手で顔を覆いました。

 

子供に聞かれたらまずいので声は出しませんでしたが、嗚咽です。

 

 

これで、ハッキリしました。

 

 

私は、彼とは別れません。

 

万が一、彼の気持ちが変わり、彼の方から別れ話が出たら、

 

その時初めて考える事にします。

 

 

もう、彼と別れようかなどとは考えません。

 

 

とても辛い時間でしたが、

自分の気持ちがハッキリと分かって良かったです。