読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦しむために生きてる?いいえ!楽しむために生きてます!

 

 

小っ恥ずかしいタイトルを付けましたが、

その通りなのです。

 

苦しむために生きてるんじゃありません。

楽しむために私は生きてるんです。

 

しかしここしばらく、

急激に会わなくなった彼との事で、気分が落ち込みまくっていました。

 

別れたがってるとしか、思えない。

そんな彼の態度に酷く傷ついていました。

 

思ってることを伝えても、モヤモヤがいつまでも残っていました。

 

思ってることを、伝えきれてなかったからです。

 

今回みたいに、彼の「忙しい」が原因で、

私は何度となく、彼に別れを告げてきました。

 

もしかして別れたいのかな?と感じるからです。

そこに愛情を感じる事が出来ないからです。

 

私には、さっぱり理解できないのです。

 

会わない、連絡しない、会う約束もしない、

この状態に、一体なんの意味があるのか?

 

こんな事をされて、平気でいられる女はいるのでしょうか?

 

頭の中は、何で?だらけです。

 

そんな事をするんなら、別れようか? です。

 

 

前回の別れ話の時、

彼は、もう寂しい思いはさせない、と言いました。

 

しかし、今の私は寂しくて死にそうです。

さみしい、と伝えてもいます。

 

けれども、伝えたところで何も変化は起きませんでした。

 

更にショックを受けるだけでした。

 

ならば、こんな思いをするくらいならば、

言いたくはなかったけど、と、

別れの言葉が、頭をよぎりました。

 

言っても後悔しないか、シュミレーションもしてみました。

 

いざラインで文章を作ろうとすると、

 

これまた前回の別れ話の事が思い出されてきました。

 

私を必要だと言った彼、

黙って信じてついてきて、と言った彼、

 

愛してる、と言った彼、

 

わずか三ヵ月前の事ですが、

彼の中では、これはすでに過去の話になってるのでしょうか、、、。

 

彼の気持ちは変わってしまったのでしょうか、、、。

 

分かりません。

別れたいの?と聞いても「忙しいだけ」としか答えてくれないので。

 

嫌になった、とか、別れたいんだ、とか、

そーゆー言葉を言われてないので、それは違うのかな。

 

でも、行動が、彼の行動が、

まるで私を嫌いになったかのようで、

とても悲しく思ったのです。

 

会わないのは、会いたくないから、

それしか思い浮かばないのです。

 

頭の中で整理しても、堂々巡りで決着がつきません。

 

 

ふと、

 

 

信じてついてきて、という彼の言葉が頭に響きました。

 

 

別れるのは、いつでも出来ます。

五秒後でも、サヨナラとラインで送ればおしまいです。

 

 

私は今まで、男性を信じてついて行く、ってのをやった事がないな、と思いました。

 

どれも途中から信じられなくなり、ついて行くのをやめちゃうのです。

 

いっちょ、やってみよっかな。

 

ダメだと思ったら、その時別れればいい。

 

そう思うと、急に元気が出てきました。

 

なぜだかパワー全開です。

 

鼻歌交じりにスマホを取り出し、

彼に、この事を伝えました。

 

 

と、いう事で、

彼の忙しいのが終わるまで、信じて待ってる

ってのをやってみる事にしました。

 

寂しいから、たまにはメールしてね、と伝えましたが、どーなるでしょうね。

期待せずに待ってみます💧

 

 ちなみに、このメールに既読はつきましたが、返信はありませんでした。

 

はぁ、そこからスタートです。