読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

返事があって、ホッとする

 

 

どーにもこーにも、気持ちが定まらず、

 

強引に、別れ話を吹っかけそうになりました。

 

彼を信じて待ってみると言ったのに、

あっという間に気持ちが急降下です。

 

もー、馬鹿馬鹿しくなるほど考えましたが、

どーやっても気持ちが上がりませんでした。

 

その原因は、不安です。

 

彼の気持ちが冷めてしまってるんじゃないか?という不安です。

 

だから会わないんでしょ?

 

冷めた=会いたくなくなった、

これほどのイコールはないでしょう。

誰が見ても納得です。

 

会ってない日数を数えて、

不安が不安を呼び、

私は、晩御飯が食べれなくなりました。

 

そうではないという確信が欲しいけど、

確かめる方法が思いつかない。

 

彼に聞いたとしても、ちゃんと答えるとは思えないし、

 

たとえ答えたとしても、今の私にはそれを信じる事は出来ないかも、、、

何を言われても疑っちゃうかも、、、

 

 

さんざん考えて、

 

ふと、彼の名前をラインで呼んでみました。

 

気持ちが冷めてたら、鬱陶しくてほっとくだろうし、

 

次何言われるか分からない事に返事をするのは、ちょっと怖いかもしれません。

 

それでも気にかけてくれるのかな?

 

 

彼は「はい」と返事をしてくれました。

 

出来れば、「どーかしたの?」とかが良かったですけど、

 

返事があっただけでも、私は十分満足しました。

 

一瞬で満たされた感じです。

 

彼への疑いは晴れました。

 

 

真実はどうであれ、

 

私がそう思える事が必要なのです。