読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実が変わる

 

 

確かに現実が変わりました。

 

以前のように、彼がラインで近況を報告してくれたのです。

明日の予定も聞けちゃいました。

 

いつ頃からか、こーゆーのはなくなっていました。

 

彼の事を全く知らないのは、寂しい事だなと思っていました。

 

 

 私の考え方一つで、現実ってこうも変わるもんなんですね。

 

 確かに彼とは会えてませんが、

だからと言って、私への愛情が無くなったわけでも、減ったわけでもなかったです。

  

 

本当に好きならば、会いに行く、という言葉にかなり惑わされました。

 

 

今私は彼とは会ってませんが、

彼から「本気」を引き出せています。

 

自信を持って、言えます。

 

彼は私に「本気」です。

遊び、ではありません。

 

彼は本当に私の事が好きなのです。

彼が言うように、私は彼に愛されてるのです。

 

 

もし今、再び私が別れ話を切り出したら、

彼は再び全力で引き戻してくれると思います。

 

私は今まで不思議でならなかったんです。

 

 

会わなかったり、連絡が無かったり、

会う約束もしなかったりするのは、

もう、愛情がなくなってきたからだと、思ってました。

 

だから私は、そんなんだったらもうやめよう、と、別れを切り出してきたのです。

 

しかし、

 

いつも、いつも、彼は全力でそれを阻止し、

私が前向きになれるよう、行動を起こしました。

 

それは、なぜか。

 

私に「本気」だったからです。

 

 

やり直しても、しばらく経つと再び、

会わない、連絡がない、の、ないないづくしの日々が始まります。

 

これも、何で??  と、思ってました。

 

それも、私に「本気」だったからなのです。

 

女の私からすると、「はっ?」と、聞き返したくなる話ですが、

 

彼の中では、ちゃんと筋の通ってる話のようなのです。

 

会ってない理由の中には、

面倒くさくなった、倦怠期だから、

今日は会いたくなかったから、などなど、

そーいった理由もあるとは思います。

 

 

しかし、そーいった事もある中で、彼の真の部分は、

 

私に「本気」なのです。

 

 

きっとこんな話、女友達には通じないと思います。

 

それはきっと浮気してるよ、

それって都合のいい女じゃないの?

ちゃんと調べた方がいいよ、

それで本当にいいの?

私はそれは無理だな、

よくそんなの我慢してるね、

 

こんなとこでしょうか、

いえ、もっと言われるでしょうね。

 

だから、言いません。

 

私はもしかしたら、末永く続けられる秘訣を知ったのかもしれません。

 

私は今とっても幸せです。